コロナ禍での研修

 新型コロナの流行により、専ら、研修がzoomになりました。いつも県外で受けていた私にとっては、とても有難いことですが、やはり、早く対面での研修を受けたいなあというのが本音です😊

 長野県から出かけると、東京だったり関西方面だったり、遠いので、往復の交通費や宿泊代などを合わせると、かなりのものになります(研修費用もかなりですが)💦 ですが、これまで対面での研修での一番の収穫は、人とつながれるということでした。日本各地から、とても優秀な方がたくさん来られ、その方たちと研修の合間に雑談をしたり、飲みに行ったりする、そういうことが、研修内容プラスアルファ、今の私につながっているなあと思っています。研修中は、懇親会が企画されることもあって(結構な確率で)、そこへは必ず出かけていきます。最初のうちは大抵知らない人しかいませんので、結構ドキドキでしたけど。でも会ったばかりなのに、飲みに誘ってもらったり、誘ってみたり。知らずに飲みに行った相手が、実はすごい人だった、そんなこともよくありました。

 おととし、長野トラウマケアセンターを設立したのも、それまで、研修に行くたびに感じていた、県外の先生方のレベルや意識の高さに、「じゃあ長野県は・・・?」と何度も何度も、立ち返らせてもらったおかげなんです。

 まだまだ学ばないといけないことも盛りだくさん・・・というよりも、ずっと続けていくんだなあと思いますが、楽しく、学び、そして、みなさんに、少しでも還元できたらと思っています。

 早くzoomばかりの生活から解放されたいなあ😊

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP